やはり東京はブラックホールだった

10月17日会社のOB会で東京に出かけた。

”早期退職して長野で田舎暮らしを始めた変わり者”ということもあり、会社の役員や諸先輩方から好奇心の目で見られることが新鮮であったとともに、会社の業績が順調のようで、皆さんいい顔をされていて一安心。

それにしても東京は行くたびにどんどん新しいビルが建ち、これでもかというくらい魅力的な街に変貌を続けている。
これでは若者が東京に集まるはずだ。

地元の人から『子供が大学だけ東京に行かせてくれ、戻ってくるから』と言われて行かせたものの、戻ってこないという話を聞くたび、当然だよと思う。

ここ上田は長野県の3番目に大きい街だが、それでも東京と比較したらその差は歴然。
東京の魅力を十分認識している私としては、大学の4年間を満喫した子供たちが、そのまま東京の会社に就職するのは自然の成り行きだと思う。

私は東京の魅力を満喫してここ上田に移住してきたので客観的に見れるのだけれど、地方と東京の格差があまりにも大き過ぎる。
地方の活性化が望まれると言われるが、これだけ偏ると無理だよなあ・・・

誰か著名人が言っていたが、東京はブラックホールだ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック