テーマ:薪ストーブ

ひたすら薪割の1日

昨日の雪から一変して快晴の1日。 ひたすら薪を割り庭に積み付ける1日であった。 1日の始まり 2時間経過 一旦積み付け 午後 再開 再度積み付けて終了 掃除して手仕舞い
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ストーブ用原木の確保

今年の冬1月2月は寒い日が続いたので、薪の消費も例年以上のペースで進んだ このままでは来シーズンの薪が足りなくなる状況 薪ストーブユーザーは、常に頭の中の隅っこで薪のことを考えているのだ このままでは非常事態ということで、本腰を入れて探したところ確保の目途がついた次第 それも極上のナラの原木だ! 現場 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年も信州の冬がやってくる

11月中旬というのに朝がぐっと冷え込みこの有様 温度計はマイナス1.5度 『12月上旬の寒さだ』とお天気おねえさんが解説しているが、確かに11月にしては冷え込んだ朝である。 薪ストーブは10月29日から焚いており、これから来年4月までの長い間活躍してもらう頼もしい相棒だ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

くさびの出番

大物のナラの玉をくさびで二つ割りにした記録 まづチェーンソーで切りこみを くさびセットで打ち込み開始 だいたい5.6回ハンマーを打ち下ろすと気持ちよくひびが入り割れます この1本はなかなか割れず苦労したのだが、 割れた面を見ると隠れた節が出てきました
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジャイアント

連休前に近所の人から『ナラの大きい奴切ったから持って行くかあー?』とお声がかかり二つ返事で現場に直行したのです 半分以上は40センチ幅に玉切りして軽トラで運べましたが、根元付近は30センチで玉切りしても重くて荷台に持ち上げられません そもそも35センチのチェーンソーで切るのもやっとの太さ。50センチ近いものですから …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ようやく積付けにこぎつける

昨年9月に運び込んだアカシアの木をようやく玉切りして割って、薪棚に積みつけるようになりました。 このアカシアを運び込んだ後に、極上のナラの木を手に入れることが出来た為、作業が後回しになり1年もほったらかしに・・・ 雨ざらしの為、ボケてしまった薪がかなり出来そうで、木に申し訳なく反省しきりです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

煙突掃除のついでに

今年は5月の連休明けてからも雨の日が続いたりして、乾燥機代わりに薪ストーブを焚く日がだらだらと・・・ そして梅雨の時期がやってきて煙突掃除が延び延びとなり、結果8月1日の実施となりました。 屋根から周囲をぐるっと撮影。         家の北東側から       北側 圃場整備の一環で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

積み付け失敗

玉切りして薪割り機で割った出来立ての薪を積み付けます。 両端を井桁に組んで固定して、その間に並べていきます。 一つの棚は2列で構成され、後ろにもう1列隠れているのですが.... 2日前に完成させた棚を点検していたところ、土台の石がひび割れているのに気がついたのと同時に、1列がゆっくりと崩れ出して見事に崩壊しました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

薪割り

せっせとナラの玉切りを製造しており、現在約300個 大は30キロ超級から小は8キロまでと様々です そして先週末から薪割り機の登場です 毎年扱いが乱暴なために故障していたので、今年こそ丁寧に扱おうと心に決め始動 ナラはとても割りやすい木ですが、節の部分は別人のようにしぶといのにびっくり 水分を測ると37~38…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

薪、薪、薪

ご覧の玉切りは”ナラ”です ストーブの最高の薪となる原木です。 どうしてゲットできたかというと 我々が引っ越してきた2009年、周辺には30年以上耕作放棄した畑がありました 畑というより林でした その面積4ヘクタール以上 それが県の圃場整備事業で、1昨年畑に蘇り、地権者と菅平の高原野菜の大規模農家によって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ストーブメンテナンス 2

今日はブログの情報をもとに再度分解に挑戦 そして見事分解できたのです 毎年見えるところは灰やさび落としは行っているのですが、分解して初めて手が届くところには、灰が溜まっており、湿気が残り結構さびが発生しています。 ストーブ本体は鋳物のパーツが組み合わさって出来ています それらはボルトで結合し、さらに耐火セメントで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

薪ストーブ メンテナンス

今年で6年目を迎える薪ストーブ シースンが終わると行う煙突掃除とは別に、今までに窓や天板のガスケットを交換したぐらいですが、我が家を快適に暖めてくれています 今年はもうちょっと本格的に整備しようと思い、分解を試みています ところが思うようにバラケません。その間にガスケットがずれ始めやばい状態に・・・ 何もしないほうが良か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

薪あつめ

ストーブ用の薪集めについては常に頭の片隅にあります 現在の薪のストックは2年半分ほど。      これは今回持ち運んだものです 随分あるような気もするけど、薪の乾燥には2年以上がベストなので、万全ではない為に常に気になるのです。 そんな折、伐採した木があると声がかかって回収に行きました。 最近ここ上田市界隈では…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ストーブの煙突に異変

シーズンが終われば速やかに煙突掃除をやろうと心に決めていても、なぜか他の用事に押されて延び延びになります 今年は7月24日に実施 そして昨日、何気なく煙突を見ると、私が抜いた干からびた雑草などが一杯突き刺さっているではありませえか! そういえばスズメがかしましく鳴いていました。巣を作ろうとしている様です …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

薪割り機 治る

ようやく薪割り機の修理が終わり戻ってきました というのも正規に修理すると5万円以上するということで、特別にレンタル品の予備品を使って修理してもらった関係で遅くなりました 綺麗になって戻ってきて、「これからは丁寧に使うからね」と声をかけるのでした でもこれからどんどん暑くなる季節を思うと、2,3日は大汗かいてやっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

またまた薪割り機を壊す

また薪割り機を壊してしまった。壊れたのではなく、壊したのです 毎シーズン『今年は丁寧に使おう』と心に決め作業を開始するのだが、疲れてきたり、節など厄介な原木を割っているとついつい使い方が荒っぽくなる 今回も割った端切れが薪割り機のヘッド部分に挟まったまま動かし続けた結果痛めてしまった 『懲りないなあー 学習していないな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

酷使される8トン薪割り機

この冬も薪用のアカシヤ、ケヤキ、栗などを入手してひたすら玉切り、薪割りを行う2月、3月でした。 ケヤキ、栗は結構な大木で、14インチのチェーンソーと8トンの薪割り機では手ごわかった。 そしてとうとう薪割り機が悲鳴を上げました。 負荷がかかり過ぎると折れる仕組みになっている鉄のピンが本当に折れました。 購入したショップ…
トラックバック:2
コメント:1

続きを読むread more

薪の住人

2年間も薪を野外で積んでおくと、色々な生き物が住み着くものです。 主に昆虫など小さな生物ですが、気をつけないと蜂が巣を作ったりして逆襲に会います。 そしてこんなものも・・・ あやうくストーブに放り込む直前に見つけたカマキリの卵です。 カマキリは雪に埋もれないように、産み付ける位置を考えて産卵すると聞いたことがあります…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

薪ストーブでフランスパンを解凍

パンは冷凍保存が効くのでストックしている。 普段はオーブンで焼き直しているが、今朝はフランスパンを解凍しようと冷凍庫から取り出してその形状を見てふと思い立ったのです。 薪ストーブ前面のアッシュリップに乗っけると、ちょうどいいサイズで気持ち良さそうに収まりました。 そして遠赤外線の効果なのか分からないが、実にしっくり…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

けやき、柿の大木をゲット

近くの圃場整備の工事が本格化し、けやき、柿、アカシア、胡桃などが伐採されました。 工事担当者が我が家の薪棚をみつけ『持って行ってくれない?』とのこと。 早速現場に行くと、ケヤキと柿の巨木が、一応軽トラに積めるくらいの長さにカットされて横たわっていたが、 『こりゃー重くて無理』 『もうちょっと短く切ってくれれば・・・』と甘…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

初霜

11月2日  朝起きると庭の雑草に霜が降りていた。昨年の初霜は記録していなかったが、「とうとう来ましたか」という感じ。 でも日中はお天道様が顔を出し穏やかな1日でした。 1日は薪ストーブの試し焚きを行いました。 ちょっと緊張するも、薪が十分乾燥していて気持ちよく点火、ほっとひと安心。 翌日から本格運転を開始…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

YWCA主催 森林ワークキャンプ

3年ぶりにYWCA野尻湖キャンプ場で開かれた森林ワークキャンプに参加しました。かみさんもキッチンヘルパーとして。 YWCAが野尻湖畔に所有する広大な山林を整備するため、地元の森林組合の方々の指導を受けながら間伐を行い山を整備します。 3年前はチェーンソーの使い方を教わり、薪作りに役立っています。 一歩間違えれば大怪我を…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

毎日が日曜日だが・・・

昨年12月末で退職して2か月が経ちました。 1年前は5時に起き、6時51分上田駅発の新幹線に乗り車中で朝食を食べた毎日。 今は6時に起き、”あずき”の散歩をして新聞をゆっくり読んでから、かみさんと二人で朝食を食べる日々。 日中は色々なことをこなし1日が過ぎて行きます。 地元で再就職を目指しますが、今しばらくはリセ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年もチョコが

会社を辞めた途端に俗世間のバレンタイン騒動が他人事になった今年。 毎年かみさんからもらっていたけど、今年はあえて意識しなかったので嬉しい。 せっせと玉切りに励んだ成果。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

薪割り再開

雪が積もってできなかった薪割りを再開。 アカシアは比重が大きく重たいので1時間も作業をすると汗が出てきます。 でも、エンジン式の薪割り機は頼もしく、どんどん薪が出来き充実感一杯です。 風呂上がりのビールを思いながら精を出す1日でした。 軽トラの荷台が大好きな”あずき” 自ら飛び乗ります。 こんな感じで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

せっせと丸太を運ぶ休日

薪ストーブ用の丸太を軽トラで運ぶこと21回。 根性で運び込んだ賜物。                       ケヤキとアカシアで共に重い                       後方で”あずき”が「ごくろうさまですー」 年明け後はゆっくりと玉切りしてから薪割り機で薪…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ニセアカシア

中間山地の整備事業が我が自治会で始まりました。 3,40年前まで畑だったところが放置され、ニセアカシアの林となっていた場所が整備され畑に再生されます。 第1段階として今月中旬から伐採が始まり、伐採された丸太を薪用にとせっせと運ぶ週末です。 早い者勝ちなので必死です。 今シーズン2度目の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2011年シーズン 薪ストーブ火入れ

11月9日、いよいよ薪ストーブが働き出した。 昨年は10月28日だったので2週間ほど遅い。我慢したのではなく、今のところ暖冬気味なので。 今年の薪はすべて手前で確保したもの。 とくに苦労して作ったケヤキの薪は乾燥も十分で火力もあり頼もしい限り。ときどきはぜるけど・・・
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

8トンの薪割り機が悲鳴を上げる

自治会で伐採したケヤキの巨木をゲット。 根元の直径は40センチ近く。 私のハスクは14インチなので玉切りにするのに一苦労。 ケヤキは火力が強く薪の原料としては良いのですが、欠点は割り辛さ。 そこで8トンのエンジン式薪割り機の登場です。 大抵の木なら節があろうと割っていきますが、今回は限界を見ました。 薪割機の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

懸案のストーブの煙突掃除をやる

5月までお世話になってた薪ストーブ。 煙突と本体の掃除を梅雨入り前には終わらせようと思っていたのが、延び延びになって先週ようやく終了しました。 初年度は勝手が分からないので、販売店の人に頼みましたが、今年からは自分で行うことに。 屋根に上がったら煙突のすぐそばに蜂の巣が・・・。それも2か所に。 いきなりのトラブルにもめげ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more