テーマ:珈琲

「煎っ太郎」改良の旅

名古屋の「フレーバーコーヒー」の中川さんの所に寄り、焙煎機「煎っ太郎」を改良することになりました。 中川さんは焙煎した豆の販売を生業とされていますが、お店に行くと町工場かと思うような工作機械が店内にあり、『本当にコーヒー豆を売っているのだろうか・・・』と疑いたくなるような面白いところです。 店内の焙煎機は独自に改造して、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コーヒーインストラクター

珈琲のことをもっと学ぼうと思い、全日本コーヒー商工組合連合会が主催するコーヒーインストラクター2級の資格を取得しました。 豆の産地から、生産過程、焙煎・淹れ方と全般的なことを浅く学び、利き酒ならぬ利き豆(カッピングといいます)でアラビカ種とカネフォラ種の違いを確認しました。 コーヒーと言えば、昨年セブンが淹れたてを出すように…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

美味しい珈琲とはなんぞや

初めてスターバックスの珈琲を飲んだ時の感動は忘れられません。 深い焙煎から来る重厚な味が、それまで慣れ親しんでいたアメリカン珈琲のイメージを一新した・・・ でも私の味覚が変わったのか、スタバの店舗数が増えるに従い以前の感動はなくなっていったなあ。 そして今、美味しい珈琲ショップを探して味わい、自分で焙煎した豆を挽いて飲む毎…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

中煎り、中煎り+、深煎り

天気のいい日にテラスでコーヒーの焙煎をしました。 中煎りはコスタ・リカ、華やかな酸味が出るように。 中煎りの強め+はコロンビア JASオーガニック、来週のあんこ坂のランチ用。 深煎りはスマトラ マンデリン JASオーガニック、 こくと甘みがしっかり出るように。あんこ坂のTea用。 深煎りのマンデリンは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

珈琲豆のしわざ

パンパンに膨張して今にも張り裂けそうな袋。 中には何が・・・ 焙煎したての豆をチャック付きのコーヒー袋に入れてシールしてみた所、3日目でこの通り膨張しました。 焙煎した珈琲豆は二酸化炭素ガスを発生させます。 新鮮な豆をペーパードリップすると良く膨らむのはそのガスのせいです。 中身は深煎りのタンザニア
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

クリスマス プレゼント

私が焙煎した珈琲2種と、かみさんがこさえたクッキー。 珈琲の方はまだテスティングしておらず、出来栄えは如何に・・・ 香りは素晴らしいです。 少しは腕が上がったか。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハンドピック

珈琲の焙煎を始めて半年、ネットで色々な生豆が購入できるのが嬉しいです。 以前はあり得なかったようです。 生豆は出荷される前に不良豆の選別が行われますが、完全ではなく改めて手作業による選別が必要です。 それをハンドピックというのですが、これがなかなか難しい。 自家焙煎半年の身ながら、1キロの生豆から多いもの…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

煎ッ太郎

コーヒーの焙煎機。名前がかわいい。 手網でやる分には1回200gで15分程度シェイクする必要があり、一度に2,3回やると手首が痛くなる→腱鞘炎? の危険性もありマシンを手に入れることにしました。 マシンといってもとってもシンプルなもので、シンプルが故に熟練がものをいいいそう。 生豆を2,3キロも煎ればコツがつかめ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

珈琲 豆 焙煎

コーヒー豆の焙煎なんかプロの領域だと思っていました。 が、実際にやってみると・・・ 焙煎したてのコーヒー豆を購入して、淹れた時の美味しさが忘れられず、生豆の焙煎を勉強中です。 生豆を素人が手に入れられるのだろうかと思っていましたが、ネットで売っています。それもフェアトレードや、スペシャルティーコーヒーも。 豆の産地別の特…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more